So-net無料ブログ作成
「2時間でわかる起業セミナー」のお知らせ                                         日時:2月16日(水)                                                 場所:渋谷                                                      時間:18:30-21:00(受付18:15~)                                                費用:2,000円                                                                                     内容:「実践型」「少人数制」をコンセプトに、会社設立における定款、登記、機関設計や設立後に必要な社会保険、 記帳・会計等の基礎知識のすべてがわかる! 今なら、会社設立にまつわる税金、社会保険関連の各種届出が一目でわかる「会社設立ハンドブック」進呈中! 詳しくはこちらまで      「【50代から起業】セカンドキャリアセミナー」のお知らせ                                         日時:2月9日 場所:小伝馬町                                                    時間:18:30-21:00(受付18:15~)                                                費用:4,000円                                                                                     内容:50代の方にとってはセカンドキャリアを考える時期です。定年後あるいは早期退職後は「再就職か」それとも「起業・開業か」。そのためには、働きながらもらえる年金制度の仕組み、失業保険と年金制度の関係、継続雇用にまつわる制度、そして、起業における会社設立などの基礎知識が必要です。そんな方々のための基礎知識セミナーです。詳しくはこちらまで

大金持ちをランチに誘え!

ダン・S・ケネディの成功本の一冊です。
数ある成功本のなかでは、理想論ではなく現実論を述べているところが面白い。

なかでも「大量行動の原則」という例をご紹介すると、
問題にぶちあたった時、2つか3つの解決策を検討したとする。
それを実行しても解決できない時。ほとんどの場合、めげてしまう。そして、あきらめてしまう。
ところが、わずかでも考えられる16の方法があればそれをすべて実行することである。しかも同時に。。。
ポイントは「同時に。」にある。
そうするとおのずと解決ができるtろいう原則である。
この行動ができるかできないかが成功の大きな分かれ目になると説いている。
過去の経験則からしても、現実論として的を得ているような気がします。
会社で起きている日常のトラブルシューティングも同様です。


ぜひ、一度 ご一読ください。

初めての★★★★★

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

一番になる人

シャ乱Qやモーニング娘のプロデュースとして有名な「つんく」が書き下ろした一冊です。
天才肌のように見えるつんくが、凡人だからこそ成し得た成果を論説していてとても面白い内容です。
その一例には、トーク番組に出るときは、かなり綿密に準備をしていること。売れない時代に売れている曲などをかなり綿密に分析していること。
そして、彼の言わんとしている
「勝負パンツをいつも履いていること」
=いつチャンスがきてもそれを逃さないように日々準備していること

とてもわかりやすく、読書の苦手なビジネスマンでも読み安いビジネス本の一冊です。

★★★★☆
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ハイコンセプト「新しいことを考え出す人の時代」

著書ダニエル・ピンク、訳・解説は大前研一さん。
これからの時代は専門職ではなく、総合力の時代であるという。
さらには、MBAタイプの時代からMFA型(美術学修士)の時代に・・。
非常に多角的な角度からこれからに時代に必要とされる人物像を解説されています。

全体思考を身につけた人、ハイコンセプト、ハイタッチな能力を身につけいた人が成功を収めると・・・。

必読の一冊です。

★★★★☆
タグ:大前研一
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

レバレッジ・シンキング

本田直之さんのレバレッジシリーズの一つです。
労力のレバレッジ、時間のレバレッジ、知識のレバレッジ、人脈のレバレッジという4つのレバレッジを意識することが重要だと。
つまり、時間、労力、知識、人脈にレバレッジ(てこの原理)を使い、少ない労力と時間をかけて大きな成果を獲得することになります。
どうも昔から労力をかけているわりには成果が上がらないと思っている方。どうも、本番になると実力がでないと考えている方。
そんな方は、必見です。私もその一人かもしれませんが・・・・。

いかに、てこの原理で、時間、知識などの効率を上げることができるのかを本田流に書いてあります。
とても参考になる一冊です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。