So-net無料ブログ作成
検索選択
「2時間でわかる起業セミナー」のお知らせ                                         日時:2月16日(水)                                                 場所:渋谷                                                      時間:18:30-21:00(受付18:15~)                                                費用:2,000円                                                                                     内容:「実践型」「少人数制」をコンセプトに、会社設立における定款、登記、機関設計や設立後に必要な社会保険、 記帳・会計等の基礎知識のすべてがわかる! 今なら、会社設立にまつわる税金、社会保険関連の各種届出が一目でわかる「会社設立ハンドブック」進呈中! 詳しくはこちらまで      「【50代から起業】セカンドキャリアセミナー」のお知らせ                                         日時:2月9日 場所:小伝馬町                                                    時間:18:30-21:00(受付18:15~)                                                費用:4,000円                                                                                     内容:50代の方にとってはセカンドキャリアを考える時期です。定年後あるいは早期退職後は「再就職か」それとも「起業・開業か」。そのためには、働きながらもらえる年金制度の仕組み、失業保険と年金制度の関係、継続雇用にまつわる制度、そして、起業における会社設立などの基礎知識が必要です。そんな方々のための基礎知識セミナーです。詳しくはこちらまで

いまこそ国益を問え

元ニュースキャスターでおなじみの櫻井よしこさんの一冊。
中国韓国アメリカ そして日本の政治を多角的にとらえた本です。
安部内閣を高く評価している一方 福田内閣への批判は強い。
(麻生政権前の著書のためにまだ麻生総理は登場してきてません。)
介護問題、外交問題、薬害問題など日本の抱える問題に対して 総理大臣のとるべき行動を国益の立場を踏まえてコメントしている。たとえば、当時の小沢民主党は対米協調よりも国連主義を唱えていた。
そのあたりは、今後の与党としての動きがどのような対米協調を進めていくかが今後の外交課題になることでしょう。野党のような反与党の発言だけでは国益は守れない。

★★★☆☆
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「朝に強くなる」といいことが起こる

一通り読んでみると普段の自分の生活に近いところもあり同感させられる一冊です。
たとえば、早起きは「楽しいイベント」であると。
早朝の公園デビューをすると新しい発見があると筆者は述べていますが、その通りです。
なにが?
それはお試しあれ。

また「させられる」から「自分がやる」という考えにかわっていくとのこと。
自分の人生を変えたいとおもっている人。
でもどうしていいかわからない人。
まずは、早起きからはじめてみてはいかがでしょうか?

そんな正統派の一冊です。

★★★☆☆
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ガスプロムが東電を買収する日

2007年の本で少し古いが、個人的に前職でエネルギー会社にかかわりがあったために興味を引いたので購入してみました。出版当時はまだロシアの大統領がプーチンで、メドベージェフがガスプロムの会長であった時代。
第一に本書の予言が的中するかのように、メドベージェフが大統領に就任している。
世界的にも時価総額が5本の指に入るモンスター企業のガスプロム。
今後世界戦略を視野に入れた場合には、LNGが不可欠だと。
そのLNGをロシアから供給をうけている日本に対して天然ガスの安定供給を条件にエネルギー企業の株式譲渡を迫る。すでにヨーロッパにおいてはこの図式が進行中。そしてその次のターゲットが日本であると本書は説いている。まんざらおかしな発想ではないが、国営に近い日本の会社に対する株式譲渡の敷居は高い。
これは近年Jパワーでも実証済み。
ただし、通信やその他事業との選択と集中が下手であった東電にとって、このあたりのアプローチの対策に不安があると本書は見ている。

★★★☆☆

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

願いがかなうNLP

脳と意識を上手に使い、なりたい自分引き寄せる実践法を書いた本。いわゆる引き寄せの法則を脳の無意識の部分から実現させていく論説です。
この手の本やスピリチュアル系の本が苦手な人が多いかもしれないが、食わず嫌いぜずに一度食べてみると新しい世界が開けるかもしれません。
筆者の実体験をもとにかかれた脳の無意識部分を変えることで未来を変えていく手法。
ではどうやって無意識の部分をかえていくのか?
無意識を変えていくこと自身、一見矛盾しているよううに思えるが、後半では具体的な訓練の方法を筆者なりにまとめてある。

是非ご興味があれば・・・。

★★★☆☆


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

経済学的思考のセンス

タイトルが固いが内容はそこそこ柔らかい。
「いい男は結婚しているのか?」「賞金とプロゴルファーのやる気」「年金未納は若者の逆襲である」などなどのコンテンツで構成されている。

たとえば、「いい男は結婚しているのか?」のコンテンツのひとつに関して言うと、
女性はなぜ背の高い男を好むのか?ということを学術的なデータをもとに論説している。
身長が高い→子供のころの栄養状態がよかった→家庭環境が裕福→教育水準が高い→高収入
という半ば強引なデータではあるが、この因果関係を身長プレミアムと呼んで、女性はその因果関係を「無意識」のうちに感じ取っているらしい。

うーん。?
まず第一に私自身、長身ではあるがけっして裕福ではなかった。
と、いろいろ反論はあるが・・・・・。

本性は女性に聞いてみないとわかりませんが、
そんな半ば強引な論説が、それはそれで結構笑えて面白い内容です。


★★★☆☆




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

憲法九条を世界遺産に

爆笑問題の太田光と中沢新一氏との対談。宮沢賢治の政治思想から対談がスタートする。太田光独特の熱い論評が始まるが多少とんがりすぎているところも・・・・。
憲法のできる背景などにも触れており一般常識としての本としても有益です。
ただし、爆笑勝問題の太田光が苦手な人はちと避けたほうがよいかも。
終始 太田節ですから・・・・。

★★☆☆☆
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った?

「数学的思考力とは?」「株と宝くじはどっちがハイリスク?」「「未納が増える年金が破綻する」って誰が言った?等いくつかのコンテンツで構成されている本です。
最近は社会保障制度が注目を浴びており、年金、介護高齢者医療制度など選挙公約の一つにもなってきている。そんななかで、年金等いうものは、ながい歴史の中で非常に複雑な仕組みになっており、十分理解していないと上記のタイトルのような疑問を持つ人が増えてくる。少しかじった人でも同様の疑問をもつ。
そんななかで、著者がわかりやすく年金制度を説明して誤解を説いているところがこの本の面白いところでもある。
いわゆる細野izumという感じの本です。

★★★☆☆
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。