So-net無料ブログ作成
「2時間でわかる起業セミナー」のお知らせ                                         日時:2月16日(水)                                                 場所:渋谷                                                      時間:18:30-21:00(受付18:15~)                                                費用:2,000円                                                                                     内容:「実践型」「少人数制」をコンセプトに、会社設立における定款、登記、機関設計や設立後に必要な社会保険、 記帳・会計等の基礎知識のすべてがわかる! 今なら、会社設立にまつわる税金、社会保険関連の各種届出が一目でわかる「会社設立ハンドブック」進呈中! 詳しくはこちらまで      「【50代から起業】セカンドキャリアセミナー」のお知らせ                                         日時:2月9日 場所:小伝馬町                                                    時間:18:30-21:00(受付18:15~)                                                費用:4,000円                                                                                     内容:50代の方にとってはセカンドキャリアを考える時期です。定年後あるいは早期退職後は「再就職か」それとも「起業・開業か」。そのためには、働きながらもらえる年金制度の仕組み、失業保険と年金制度の関係、継続雇用にまつわる制度、そして、起業における会社設立などの基礎知識が必要です。そんな方々のための基礎知識セミナーです。詳しくはこちらまで

脳を味方につける生き方

心の壁を取り外す心理や方法、また視点の変え方、脳のトレーニング方法を書いた本です。
面白いのが脳にいい習慣と悪い週習慣の例。
たとえば、「余計なことに頭を使わない習慣」が大事だとか・・・。
食べ物、ブランド品にこだわるのは脳にはあまりよいことではない。思考の抽象度を上げることが脳にはよいことらしいが、「こだわり」は脳の思考抽象度を下げる働きをするらしい。「こだわり」がなくなると脳の抽象度が上がり活性化する。

うーん。わかるようでわからないような・・・・・。

そんな「こだわり」のある本です。




★★★☆☆
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ちいさなちいさな王様

人差し指ぐらいの小人の王様がいる。
日常生活の中で王様と暮らしながらお互いの人生観を語り合う。
物語のところどころに挿絵があり、それがまた幻想的な感じを出している本です。
一見、「夢をかなえるゾウ」のような感じの物語かと思いきや、けして王様が成功への助言をしてくれる訳ではない。
ただ、読み終わると不思議な感覚にさせてくれる本です。
短編で読みやすいのでお勧めです。

★★★☆☆
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ライオンは眠れない

若干古い本だがブックオフにて購入。
中国の昔の書物が日本の出来事を予言しているというものを物語風に説明。
小泉元総理をライオン王に重ね合わせると物語がつながる。
歴史を振り返ると、時代が動くときには、常に破滅が起き、一度リセットしてから再生してくる。
織田信長、坂本竜馬などの時代もそうです。
そして現代(本が古いので数年前になりますが)においては、小泉総理がそれになりうるかどうか?
そんな中で一番興味を魅かれたのが今の日本経済の破綻を再生するには、方法はひとつしかない。
それは、預金封鎖とデノミネーション。
「今日からすべてのATMはxx日までストップします。その間にお手持ちの旧円を新円に窓口で交換してください。最終日を過ぎると旧円は失効します」
こんな発表が政府からなされたらどうでしょう。
旧円は、失効してしまうわけですからみな一斉に新円に交換します。
隠していたタンス預金まですべて交換します。
するとどうでしょうか?
持主の名前や個人資産がすべて記録されます。
つまりすべての隠し財産のアングラマネーがあぶりだされることになるのです。
そこに新型の財産税を投入するのです。
金持ちにはこたえる財産税。
これによって日本の抱える負債800兆円を一気に賄うことができるのです。
逆にいうとこの方法を取らないかぎり現在抱えている負債をなくすことができない。
ただ実はこの方法は日本の歴史では初めてではない。
昭和2年、昭和21年と新円切り替えによる失効という手段での裏国民資産調査が行われた例がある。
こんな秘策実施日をXデーと称し、いつ出動させるか政府があたまを悩ませている。
つまり、ライオンは眠れないということなのです。

なかなか短編のわりには面白く「なるほど」と感心させられる本です。
お勧めの一冊です。

★★★★☆




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

のぶカンタービレ!

全盲のピアニストで先日国際ピアノコンクールで優勝したあの辻井伸行さんのお母さん書いた実話の物語。
ピアニストの憧れである世界的に有名なショパンジョンクールに出場するまでの葛藤やそれにまつわるまわりの人との出会いなどを書いている。
通常の人よりも数倍ハンディーがある中でコンクール出場を決めてから練習するまでの時間があまりにも短い。
何度も挫折しそうになるがあきらめない。
ピアノの先生もコンクール前日には、ほぼさじを投げていたが、
翌日にはそんな伸行さんに奇跡が訪れる。
一晩中練習して苦手な箇所を克服した。
そしていざコンクール当日。
4回ものカーテンコール。
入賞には至らなかったが、最後まで諦めない本人自身が奇跡を呼び寄せた。
そんな実話を綴った感動の物語です。

★★★★☆
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。